BMI25の肥満50歳が初マラソンでサブ4を夢見る

気づいたらBMI25、初マラソンでサブ4(4時間内の完走)を目指すドンキホーテの物語です。

心拍数では死亡?

心拍数が計れるランニング時計を使用しての練習を開始してます。最大心拍数を登録して、走っていると、心拍数に応じて、♡(ハートマーク)の色が変わって、自分の状態を教えてくれる機能があります。オッサンの健康管理の為に、望んで付けました。


最大心拍数の登録は、実数がわかららない場合は、以下の算式で登録します。


一般
・220 ー 年齢
ランナー
・210 ー(年齢÷2)


私は下の式で、185として、数字を時計に登録しました。練習を、開始すると、走り始めの負荷が軽いうちは💙(青色)です。坂道やピッチを上げて、負荷がきつく苦しなると❤️(赤色)となったりします。


使い始めて、3日目、ダッシュをした時に、時計を見ると、マークが ❤︎(黒色)になっていました。心拍数は200を超えていて、私は一瞬、このまま死ぬのかと思いました。でも、冷静に考えると息は荒いが、そんなに苦しくはありません。そのまま気にせず走り続けました。


とりあえず、今日も生きてます。


最大心拍数について、ネットで調べると、人により差があり、マラソンの記録が良い人でも高い人はいるようです。また、時計も着け方が悪いと、心拍数を、正しく計れないみたいです。


安心しました。



練習での平均心拍数・最大心拍数は以下の通りでした。


20日5km走
149bpm・163bpm


21日15km走
151bpm・164bpm


23日10km走
146bpm・208bpm


bpm(Beats Per Minute): 1分間で心臓が拍動する回数

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。