BMI25の肥満50歳が初マラソンでサブ4を夢見る

気づいたらBMI25、初マラソンでサブ4(4時間内の完走)を目指すドンキホーテの物語です。

お年玉記録の初30キロ

三連休の中日に、ハーフマラソンの距離をレースペースを意識して走ることにしていた。そのために、土曜日の朝に、5キロのペース走をして、つなぎの練習とした。ハーフのコースは、折り返しコースとして、キツイ坂道も入れました。
ハーフコース(片道)の高低の、図です。

しかし、土曜の午後、足裏の痛みが気になる。練習を開始した10月なら、気合いで日曜に走ったと思うが、今回は完全な休養日にした。そして、月曜の朝に万全を期して走った。往路は若干下り坂が多く、逆に復路は若干登り坂が多いコースです。今回は、ランニングウォッチに、上限ペースキロ5分、下限ペースキロ5分半を入れたが、時計をほとんど見なかった。無心に走ると、そこそこ良いペースと感じた。10キロ走ったところぐらいで、初めての30キロを走ることに、方針変更した。ただ15キロを超えるとやはり疲れがきて、変更を少し後悔したが、そのまま踏ん張った。ハーフ距離を通り過ぎ、あと8キロの追加コースに突入した。やはり、キツイが、同じペースを刻み続けるつもりで、無心に走った。
ゴールすると、ランニングウォッチがハーフの新記録を教えてくれた。これは、解っていたが嬉しかった。


ハーフ 1時間49分07秒 平均ペース5m11s


家の中で、ハーフ及び初30キロのペースを確認する。ともに、ペースは約5分11秒、これには驚き、嬉しかった。ハーフ以降もペースが落ちていない。今日が大会なら、サブフォーが達成できてもおかしくない。ただ、走り終えたあとの余裕は無かった。これは、課題です。
今後は、マラソン距離を走れるスタミナを意識した練習をします。ただ、色気が出てくると、失敗することはよくある。今回は無心の走りが成功した例だと思い、引き続き練習していきたい。


オッさんには、よいお年玉の記録となりました。


練習記録
9日朝
5.32Km 27m04s 平均ペース5m13s
11日朝
30.31Km 2h37m04s 平均ペース5m11s 5キロ毎平均ペース(5m05s・5m14s・5m16s・5m11s・5m09s・5m11s)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。