BMI25の肥満50歳が初マラソンでサブ4を夢見る

気づいたらBMI25、初マラソンでサブ4(4時間内の完走)を目指すドンキホーテの物語です。

驚異的な回復力と50歳の悲しい現実

水曜日の夜にほろ酔いで走ったあと足に違和感があったので、走るのを自重し、土曜日は水泳で約1キロ泳ぎました。日曜日はLSDでゆっくり90分走るつもりでした。60分で10キロ程走り、13キロ過ぎたあたりで、筋肉がねじれるような感じがして徐々に走れなくなりました。家までやっとの思いで歩き着きました。


本日、月曜の午前中に病院にいくと、「肉離れです。3週間程で治ると思います」とのこと。


なぜ、日曜日に走ったかというと、きっかけがあります。


日曜日の昼間にテレビをみていると、高校生のサッカーの日本代表で、Jリーガーが、高校の最後のインターハイの試合で、足を怪我をしていた医者からも止められていたかが、試合に出ていました。試合の後半、怪我が悪化し退場すると、同点から点をとられ試合は負けました。しかし、その3日後に、また明日へ向かって彼は練習を開始するするシーンでテレビは終わりました。


単純な私は、もう足はほぼ痛くない気がしてきて、夜に走ることとしました。


よく、スポーツ選手が驚異的な回復力で、試合に出るという話しを、聞きますが、私には、驚異的な回復力はありませんでした。これが、悲しいですが、平凡な50歳の現実です。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。